歯周病・歯槽膿漏と心臓病。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病が増悪すると、口腔内の大量の歯周病菌が血中に入り感染性心内膜炎や虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)等を誘発する要因となりえます。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎と心臓病

歯周病と関連する心臓病 感染性心内膜炎とは 虚血性心疾患とは

歯周病と関連する心臓病

もし、あなたが心臓病と診断されていれば、特に歯周病についてよく理解し、口腔ケアを心がけることが特に大切になってきます。
歯周病の診断を受けてみてください。
歯周病と関連する心臓病
  • 感染性心内膜炎
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

感染性心内膜炎とは

心臓の内側の膜「心内膜」に歯周病菌などが血液に乗って行き、感染して炎症が起こり、弁膜が破れたりして心臓の働きが低下する病気です。心臓は最も感染しやすい臓器の一つです。
原因と要素
  • 歯周病菌や虫歯菌が、抜歯などの出血を伴う歯科治療時に、血液中に入り込んで発病します。特に重度歯周病の人の歯周ポケットには大量の歯周病菌がいます。
  • 高齢者や要介護者のように感染症に対する抵抗力が落ちている方。
  • 身体への負担が大きな手術や検査を受けたばかりの方。
症状
発熱や動悸。
弁膜が破れてしまうと、急性心不全などの危険な状態になることもあります。
感染性心内膜炎の予防対策
  • 口腔清掃(電動歯ブラシによる歯磨きや舌苔(舌の汚れ)を拭い落とす)が大変重要です。
  • 抗菌性洗口剤(コンクールF)を用いてうがいをする。
  • メインテナンス(PMTC、歯石を取る)を、定期的に受ける。
治療
抗生物質による治療。
弁膜が破れてしまっている場合には、人工弁置き換え手術が必要となります。

虚血性心疾患とは

心臓に十分に血液がいきわたっていない状態を虚血性心疾患といいます。心筋梗塞や狭心症がこの疾患にあたり、動脈硬化による冠動脈の閉塞や狭窄などにより心筋への血流が阻害され、血液が心臓の心筋に十分いきわたらなくなり起こります。
原因
  • 大半は冠動脈の動脈硬化。
  • 高脂血症や糖尿病、喫煙、高血圧、高尿酸血症(痛風)などの病気が動脈硬化を促進しています。やがて血管壁は厚くなり、血液の流れるスペースが狭くなっていきます。
    心臓に栄養を運ぶ血管が詰まって心臓の筋肉の一部が死んでしまう疾患を、心筋梗塞といいます。
歯周病との関係
歯周病菌が血液中に入り、心臓の血管壁に炎症を起こして動脈硬化を起こしている可能性が考えられています。
狭心症、心筋梗塞の予防対策
歯周病の治療、予防により、狭心症、心筋梗塞の発症を抑えることが出来ると考えても差し支えないのではないかとも言えるでしょう。

スポンサード リンク