歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎とたばこ(タバコ)。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
たばこ(タバコ)が歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎を引き起こす最大の要因になっています。喫煙習慣によって、歯肉は線維化し、毛細血管が失われています。その為歯周病菌に対する防御機構が減弱し、歯周病になりやすくなります。

歯周病と喫煙

タバコは歯周病を悪化させ治りにくくさせる

歯周病とタバコの話

タバコにより歯周組織はダメージを受ける
タバコは1本吸ったからと言ってすぐに人体に悪影響を与えるものではありませんが、一日20本を10年間吸い続けると明らかに何らかの悪影響を与えるものです。

歯科口腔領域においては、歯肉の繊維化という現象が起こります。本来、毛細血管が歯茎の中に沢山入り込み歯周病菌と戦う白血球を供給しています。しかし、歯茎の繊維化が進むと毛細血管は少なくなり、供給される白血球の量が少なくなり、歯周ポケット内で炎症が進行すると考えられています。

と同時に、歯茎の繊維化により歯周組織に炎症が起こっているにもかかわらず、出血しづらくなることや、重度歯周病になるまで痛みが起こり辛いことなどから自覚症状が出づらく、手遅れになるケースをよく見ます。

仮に、初期の段階で歯周病と診断され治療を開始しても、タバコを吸い続けると歯周病の治療に対し歯周組織はほとんど反応せず、なかなか改善に向かいません。
スモーカーズフェイス
スモーカーズフェイス
タバコを吸う人特有の顔つきを「スモーカーズフェイス」といいます。
年齢に比較し、

  • しわが多い。
  • しみや吹き出物などの肌のトラブルが多い。
  • 唇や歯肉が不健康に黒ずみがある。
  • 歯の表面へのヤニの着色が目立つ。
1本のタバコを吸うと、ビタミンCの1日の必要量の約半分が使われてしまいます。
どんなに配慮した食事や果物摂取をしても、皮膚細胞の老化に追いつきません。
喫煙は、美肌や健康的な歯肉の色の大敵です。

タバコを長年吸い続けている歯茎
タバコを長年
吸い続けている歯茎
右写真はたばこを長年吸い続け重度歯周病になってしまった例です。

歯石の沈着がみられ、歯肉が繊維化を起こしています。
出血しにくいため、気づいた時には手遅れとなってしまっている方も多くいます。

タバコを吸い続けると歯周病の治療をしてもなかなか回復しません。

タバコは全身に悪影響を及ぼす

禁煙は寿命を10年短くします

命を脅かす喫煙の害
命を脅かす喫煙の害
あなたは、長生きしたいですか?
もし長生きをお望みでしたら、イギリスにおける喫煙と生存率の表をよくご覧ください。

そうです。喫煙習慣があると無い人に比べ、明らかに生存率が悪くなるのです。
60歳ぐらいを境にはっきりと違いがでてきます。外国のデータですが、喫煙者にはショックなデータです。

ヘビースモーカーの死亡年齢の中央値はちょうど70歳です。別の言い方をすると60歳の人が10年以内に死亡する確率は50%以上だと言えます。

日本でもやっと分煙が義務付けられるようになり、販売されているタバコのパッケージも、病名を含む喫煙抑制表示に変わりました。

喫煙習慣が命を10年短縮
日本において疫学調査が行われたばこ(タバコ)を吸っている人とそうでない人との寿命の差が約10年あるとの結果が出ました。解析結果から35歳までに禁煙すれば非喫煙者なみの寿命が得られ、45歳までならわずかの死亡リスクの増大で済みそうです。
喫煙による健康被害
口臭 ヤニと煙の特有な臭いがします。
着色 歯や歯肉が喫煙者特有のものになります。
歯周病 歯周病を悪化させる一番の要因です。
進行を促進し、重症化させます。また治療によって改善しても、再発しやすくします。
がん 喫煙者は、口腔や咽頭がんの発生率が非喫煙者の3倍です。咽頭がんでは、何と32.5倍です。(資料:平山雄「計画調査」より)
脳卒中 脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の血管が破れる脳出血、くも膜下出血に分類出来ます。特に死に直結するのがくも膜下出血です。タバコは血管の動脈硬化を早めます。そのため血管に伸縮性がなくなり動脈瘤が出来、それが破裂することで起こります。
心筋梗塞 心臓を動かしている筋肉(心筋)に栄養を送っている冠動脈が詰まるか狭くなって心臓に栄養が行かなくなり、心臓の筋肉が死んでしまう病気です。脳卒中と同様、動脈硬化が原因です。

全身の健康を壊す喫煙習慣
喫煙による害
喫煙による害
1997年、先進国の死亡原因の最大の原因は、喫煙と受動喫煙の害にあるとWHOが警告を発しています。

お口の健康をも害するタバコ、この際、真剣に喫煙習慣を見直してませんか?

タバコがやめられない理由

禁煙のすすめ

ニコチン依存症のメカニズム
脳の神経細胞は細長い繊維状の形で、それぞれの神経細胞が結合する部分で神経伝達物質を放出することによって神経回路が形成されます。タバコ吸うと数秒で肺から吸収されたニコチンは血流にのって脳に届きます。ニコチンがα4β2ニコチン性アセチルコリン受容体に結合する事で快感をつかさどるドーパミンの大量分泌が起こります。

しかし、ニコチンの血中濃度は約30分で低下し、ドーパミンの枯渇状態が起こります。そのため不快感・イライラ感(離脱状態)を覚えるようになります。 そこでまた、たばこを吸いたくなるというサイクルが作られます。

しかし、タバコを吸う習慣が長くなると、通常の神経伝達物質の放出能力が低下してくるため、タバコをやめることを決意し、ニコチンの供給がなくなると、神経回路は正常に働かず禁断症状が起こるため、なかなかタバコをやめられないというのが理由です。

ニコチン依存症の治療には保険が適応されています
ニコチン依存症は病気です。病気なので保険適応となります。最近では若年者への適用拡大も行われました。

治療法はニコチンガムやニコチンパッチを使用する方法、または非ニコチン製剤(バレニクリン)を服用する方法などがあります。後者は心疾患や脳梗塞の既往があるケースに使いますが、効果が現れるのに約1週間かかります。 また喫煙習慣により心理的依存を起こすためカウンセリングも併用されます。

スポンサード リンク