歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎をプラークコントロールで治す方法、歯磨き方法や口腔ケア用品の選択。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎を自分で治す方法は的確なプラーク(歯垢)の除去(プラークコントロール)が重要です。通常の歯ブラシでうまくプラーク(歯垢)の除去ができない方は、電動歯ブラシの使用をお勧めします。また、歯周病菌に対する殺菌作用のあるうがい薬などの使用も効果的です。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のプラークコントロール方法

歯周病を自分でケア 「自分で出来る 歯周病の治療法・予防法」

家庭での口腔ケア(プラークコントロール)

歯周病を治すには、歯科医院に頼りすぎず、家庭でのブラッシング(プラークコントロール)をしっかり行うことが大切です。
歯周病といっても軽度の歯肉炎から重度の歯周病まで症状は様々です。進行度合いに合わせて口腔ケアの方法も少しずつ異なります。

歯ブラシをする事には二つの意味があり、一つ目はプラークコントロール(歯や歯の根っこに着いた歯垢を除去すること)。二つ目は食後に歯の間に詰まった食片を除去すること。このことを理解した上でブラッシングをすることが重要です。

ここでは、家庭でできる口腔ケアを、歯科医師が推奨する口腔ケア用品を例に説明します。

歯磨きを行う回数とタイミング

Q&A/question and answer
歯磨きは一日何回すればいいの? また、いつ行うのが効果的なんでしょうか?
ブラッシングは食後に行うのが一般的ですが本当にそうなのでしょうか?
理想的な歯ブラシの回数と歯磨きのタイミングを教えてください。
解説/explanation
【一日何回歯磨きをするか】
一日4回歯磨きをするのが理想的です。

【いつ歯磨きをするか】
1回目朝起きてすぐ、2回目朝食後、3回目昼食後、4回目夕食後です。

以下に理由を述べます。
夜寝ている時は、口腔内の唾液の分泌が減少します。そのため、自浄作用(唾液によってプラークを洗い流す作用)が低下し、朝起きた時には大量のプラーク(歯垢)が付着した状態になっています。そのため朝起きてすぐに歯ブラシをすることは重要です。プラークが口の中に沢山あるのに、朝食をとるのはいかがなものでしょうか。

朝食を摂った後は歯と歯の間に食物残渣残ることが多いです。同様に昼食後及び夕食後も歯に残った食べかすを取る事目的に歯ブラシをします。
プラークを除去する事と食物残渣を除去することを分けて考えると良いでしょう。

朝起きた時と夕食後の二回は下記のやり方でプラークを除去することを目的として歯磨きをします。それ以外はもっと簡単な方法(自分に合った)行って良いでしょう。

※もちろん、口の中に水以外のものが入った場合はすぐに歯磨きをするのが理想的です。

歯周病の進行別プラークコントロールのやり方

軽度歯周病(歯肉炎)の場合
セットA

きちんと磨けているか、染め出し液を使い、
赤く染め出されているところをチェック。意外と磨き残し(プラークが残ってい)がある事に気が付きます。

染め出し液を使い赤く染め出されているところをチェック。
染め出し液 染め出し液を綿棒などを使い塗布します。 歯の間が赤く、歯垢が残っているのが分かります。

PHILIPS フィリップス ソニッケアー フレックスケアーR980 歯科医院専売モデル 30日間返金保証で、赤く染め出されている所に短鎖分割ポリリン酸を含むジェルを付けて磨き、プラークを除去します。
もちろん、電動歯ブラシを使わずにプラークコントロールは出来ます。染め出し液を使って十分練習しても、うまくいかない場合には電動歯ブラシを試すのも一法です。

音波電動歯ブラシに短鎖分割ポリリン酸を含むジェルをつけて歯磨きします。
染め出し液はきちっと歯磨きが出来るようになるまで使用し、練習をしてください。
(歯磨きは朝起きてすぐと夜の食事後にはプラークを除去するという目的で必ずしっかりと行ってください。また、食後は歯の間に物が詰まったりしますので簡単でいいので歯磨きをしてください。)

短鎖分割ポリリン酸とは
歯面に付いたステイン(着色などの汚れ)を容易に除去し、綺麗になった歯面を短鎖分割ポリリン酸がコーティングします。
そのため歯周病菌の温床となる歯石が付きにくくなり、同時に口腔内の細菌(歯周病菌、虫歯菌、真菌)に対して抗菌性を持っているため歯周病を予防してくれます。

音波電動歯ブラシの中でもこのソニッケアー フレックスケアーは歯垢を最も効率よく除去します。
(音波技術)によって生みだされる液体流動力(ダイナミックフルイドアクション)によって歯垢を除去します。
ダイナミックフルイドアクションによって発生するキメ細かい力強い水流によって、歯茎と歯の間にあるポケット内の歯垢や歯の間の歯垢も簡単に取り除きます。

グルコン酸クロルヘキシジン含有のうがい薬コンクールでよくうがいをする。
1日2回、歯磨きの後に行ってください。

コップ1/8杯(25ml)の水にうがい薬コンクールを5滴程入れて
よくかき混ぜます。 グルコン酸クロルヘキシジンには、歯周病菌に対する抗菌作用があります。

歯が凍みる(知覚過敏)のある方や、虫歯になりやすい方
食後緩衝成分CPP-ACP配合MIペーストを塗布してください。 歯周病によって歯茎が下がり歯根が露出している場合には、知覚過敏を起こすことがあります。

また、MIペーストには虫歯になりにくくする緩衝作用があります。食後口の中のPHは一気に酸性に傾きます。MIペーストにはこの酸性を中性に戻す働きがあります。
※酸性になることで歯を溶かす事が虫歯の原因です。

中等度〜重度の歯周病・歯槽膿漏の場合
セットB

きちんと磨けているか、染め出し液を使い、赤く染め出されているところをチェック。軽度歯周病(歯肉炎)の場合を参照してください。

音波電動歯ブラシや普通の歯ブラシで、赤く染め出されている所に薬用ポリリンジェルEXを付けて磨き、グルコン酸クロルヘキシジン含有のうがい薬コンクールでうがいをする。ここまでは軽度歯周病(歯肉炎)の場合と同じです。

歯の間の磨けてない所をGUM電動歯間ブラシを使用し、
歯磨き用ジェルを付け、歯磨きをする。

GUM電動歯間ブラシに、短鎖分割ポリリン酸を含むジェルを付け、歯磨きします。

中程度から重度の歯周病になると歯と歯の間に隙間が多くなります。そういったところには食べカスが残りやすく、歯間は磨きにくい場所のためプラーク(歯垢)の蓄積も多くなります。通常の歯磨きでは十分にプラークを落としきれないため、歯間ブラシを使うことをお薦めします。

グルコン酸クロルヘキシジン含有のうがい薬でよくうがいをする。
1日2回、歯磨きの後に行ってください。

コップ1/4杯(50ml)の水にうがい薬を10滴程入れて
よくかき混ぜます。
ここでは、半分の25mlでうがいを行う。(残りはEで使用。)

歯と歯茎に歯肉改善用ペーストを付けて、歯肉をマッサージするように1分間磨いてください。

歯肉改善用ペーストには、わずかな研磨効果があるため、
音波電動歯ブラシを使用する場合は1分間の使用としてください。

歯を磨くというよりも、
歯肉を磨くといったイメージで行ってください。

普通の歯ブラシを使用する場合
(あるいは電動歯ブラシのスイッチを切って使用)には、
時間は長くてもかまいません。

残ったうがい薬(25ml)で、うがいをしてください。

歯が凍みる(知覚過敏)のある方及び虫歯になり安い方は、
食後緩衝成分CPP-ACP配合ペーストを塗布してください。

歯周病・歯槽膿漏に役立つ口腔ケア用品

スポンサード リンク