スケーリング(歯石除去)・ルートプレーニング

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯及び歯根に付着した歯石を除去することをスケーリングと言います。スケーリングは、歯周病の初期に行う治療法です。ルートプレーニングとは、歯周ポケット内に形成された歯石をきれいに除去し、根面を滑沢にすることです。これにより歯肉が改善していきます。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の基礎治療

スケーリング(歯石除去)とは
歯石はなぜ付くのでしょうか 
ルートプレーニングとは

スケーリング(歯石とり)&ルートプレーニング

プラークコントロールしてお口の中の環境を整えるためには、ご家庭での正しいブラッシング(セルフケア)とともに、歯科医院での専門家による清掃(プロフェッショナルケア)がとても効果的です。

このように歯周病の予防には、個人と歯科医院の協力が必要です。
二人三脚の治療(歯周病治療と予防)
  • ブラッシング : 歯肉より上は患者さんが行う。 ※歯磨きのテクニックが増してくると歯周ポケット内も磨けるようになります。
  • スケーリング : 歯石とりは歯科衛生士が行う。
  • ルートプレーニング : 歯根に付着した歯石を除去し、根面を滑沢にするのは歯科衛生士または歯科医師が行います。

スケーリングとは歯周病菌の住まいである歯石を除去すること

歯面や歯の根っこに付着した歯石を除去することを言います。歯石はそれ自体では歯周病を起こすことはありません。歯周病菌の住まいになっているため除去することが必要です。
専門家の手によるプラークコントロールの第1ステップは、スケーリングです。特殊な器具(超音波スケーラーや、ハンドスケーラー)を使い、目に見える範囲のプラークや歯石(プラークが石灰化したもの)を除去します。
術後しばらくは歯と歯の間に隙間ができたり、歯が長くなったように感じますが、これは今まで付いていた歯石が取れ、良くなった証です。
歯の断面図
超音波スケーラ
超音波スケーラ
歯石の除去やバイオフィルムの破壊に高い効果が期待できます。
治療の様子
超音波スケーラーで歯石を取っているところ。

歯石のでき方

Q&A/question and answer
歯石はなぜ付くのでしょうか? また、歯石とりの頻度はどのくらいでしょうか?
私は毎日3回きちっと歯磨きを行っているのですが、それでも歯石がついてしまいます。なぜ歯石は付くのですか?

また、どのくらいの頻度で歯医者さんで歯石を取ってもらう必要があるのでしょうか?
歯石は1回の治療で全部取れるんでしょうか? また、歯石とりは痛くはありませんか?
私は忙しくて、なかなか歯医者さんに行けません。歯石を取ったことはないのですが、1回の来院で取る事はできるのでしょうか?また、歯石を取る時に痛くないでしょうか?また歯石を取った後、痛みが起こるということはないのでしょうか?
解説/explanation
【歯石はなぜ付くのか】
口腔内に生息する細菌によって作り出されたプラーク(歯垢)は不溶性グルカンというネバネバしたものを作り出し、それが接着剤の役目を果たし、歯面や歯の根っこにプラーク(歯垢)を強固に付着させます。

特に、磨き残しのある所には大量のプラーク(歯垢)があり、唾液中のカルシウムやリン酸を取り組み、石灰化を起こしていきます。これが歯石です。

時間の経過とともに歯石は石灰化が進み、固さを増していきます。同時に歯面や歯の根っこに強固に付着して、歯ブラシでは除去出来ないようになります。

歯石が多く付きやすい場所は、下の前歯の裏側と上の奥歯の外側です。これはともに大唾液腺が開口する所にあたり、常に大量のカルシウムやリン酸が供給されている所だからです。

【歯石除去の頻度】
歯石の付き方には個人差があります。それにはいろんな要因があると思いますが、最も大きな要素は、きちっと歯磨きが出来、プラーク(歯垢)の付着がほとんどない状態が維持出来ている場合には、歯石はあまり付きません。

つまり、歯周病予防という観点からすると、定期的にメンテナンスとして歯科医院で PMTC を受けていれば歯石除去をする頻度は1年に一度でもいいかもしれません。

一方、歯磨きもうまくいかず、歯科医院でのメンテナンスもしていない場合には、1ヶ月〜3ヶ月に1回が妥当な場合もあるでしょう。

【歯石は1回の治療で全部取れるか】
歯石の付着状況によって来院回数は異なると思います。強固に付着した歯石が大量にある場合には、4回以上かかるケースもあります。

一方、あまり歯石が付いていないケースでは1回の来院で全部取る事は可能でしょうが、保険の制度上、最低2回は必要になっています。

保険の制度は頻繁に変更が行われ、我々歯科医も大変困惑するところですが、それがルールなら致し方ないところです。また、同時に歯周組織検査を実施しなければ歯石除去が出来ないルールになっています。

【歯石除去時痛みはないか また、歯石除去後痛みは起こらないのか】
歯石除去中の痛みについて
歯周病の進行状態によって歯石除去の時の痛みは変わってきます。歯肉炎程度の軽度の歯周病で、歯石の付着が少ない場合にはほとんど痛みは起こりません。しかし、重度の歯周病でまだ治療を一度も受けていないような場合には、治療中に痛みが起こることはあり得ます。

なぜならば、歯周ポケットが深く形成され、歯茎に炎症が起こった状態で、器具を挿入し頑固に付着した歯石を取るわけですから当然のことと言えるかもしれません。

もし、治療中に痛みが起こる場合には、歯科麻酔をかけることで痛みなく治療が出来ます。

歯石除去後の痛みについて
@知覚過敏
A歯茎の痛み

@Aともに中等度〜重度の歯周病の方に起こりやすいことですが、根の部分に付着した歯石を取れば、歯根が露出し、歯がしみるといった症状が現れます。これを知覚過敏といい、歯根表面まで神経が来ているため、一時的に起こる現象です。数日で良くなる場合もありますが、2〜3週間かかる場合もあります。

処置としては知覚過敏を防ぐ歯磨き剤を使用したり、歯根表面にコーティング剤やフッ素などを塗布することで改善していきます。

歯茎が痛む時は 歯茎が炎症を起こしている場合に起こりやすく、抗生剤・痛み止めなどの投与、うがい薬で口腔内を洗浄してもらう等で対処します。

ルートプレーニングとは歯石を除去した後の根をツルツルにすること

スケーリング終了後、歯茎に隠れた部分まで丁寧に歯石を除去し、
歯や根の表面を滑らかにします。
プラークや歯石は、歯肉に隠れた目に見えない部分にも溜まります。
歯根(ルート)面についたプラークや歯石、沈着物、死んでしまったセメント質などを特殊な器具(グレーシーのキュレットなど)で取り除いて表面をツルツルにし、再び汚れや細菌が付かないようにします。
歯の断面図
グレーシーのキュレット(ハンドスケーラー)
ハンドスケーラー グレーシーのキュレット(ハンドスケーラー)で
歯石を取っています。
グレーシーのキュレット(スケーラー)
スケーラー スケーラー スケーラー
大臼歯の奥側の面の歯石除去に使用 大臼歯の手前の面の歯石除去に使用 前歯の歯石除去に使用
その他 器具
その他 器具 その他 器具
大臼歯の根の間の歯石除去に使用 目に見えている大きい歯石を取るのに使用

スポンサード リンク