歯周病,歯槽膿漏,歯肉炎の原因について解説します。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の原因は、口腔内に増殖した歯周病菌が作り出すプラーク(歯垢)です。また、強い力が歯に持続的にかかった場合にも歯周病を増悪させることがあります。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の原因

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎とは?

歯周病てなーに?
歯周病とは細菌により炎症が起こり歯周組織が壊されるため,歯を支えることができなくなります。
歯茎(はぐき)が腫れ、歯がぐらぐらして、咬むと痛くなり、最後は歯が抜け落ちてしまいます。
歯周組織とは? 歯の周囲の組織のことで4種類あります。歯の模式図
  • 歯肉(歯ぐき)
  • セメント質(歯の根の表面を覆っている組織)
  • 歯根膜(歯と歯槽骨を結ぶ線維)
  • 歯槽骨(顎の骨)歯はこの骨の中に植わって支えられています。
歯槽膿漏てなーに?
歯槽膿漏とは歯周ポケット(歯肉溝)から膿(うみ)が出ている状態を指します。歯周病と同じ意味として使用されることもありますが、歯周病の症状の1つを指して言っているものです。
歯肉炎ってなーに?
歯周病の初期の状態を指してこう呼びます。歯茎に炎症が起こっていて、歯肉が赤く腫れていても、まだセメント質、歯根膜、歯槽骨の破壊は起こっていない状態です。

どうして歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎になるの?

Q&A/question and answer
なぜ歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎になるのでしょうか?
歯周病菌が歯周病を引き起こします。
どうしたら歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎を防げますか?
歯の周りにこの歯周病菌が含まれたプラークを付けないよう日頃のケアと、
歯科医院で歯石を定期的に取ることが必要です。
解説/explanation
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎も虫歯と同じ感染症です。歯周病は特殊な細菌により引き起こされています。その細菌を媒介するのがプラーク(歯垢)です。 ですから歯の周りにこのプラークが付いていないこと、あるいは歯石がついていないことが歯周病を起こさないためには重要です。

プラークは歯ブラシで落とすことが出来ますが、歯石は石のように硬く、また歯や根にしっかりとこびりついている為、歯ブラシでは落とすことができません。そのため、歯石を取るためには特殊な器具、装置が必要です。

それ以外にも歯周病・歯槽膿漏を起こす原因があります。それは「歯にかかる過大の力」「ストレス」「タバコ」「糖尿病」などですが、それらが複合的に関与して歯周病の発症と進行をもたらしています。この中で最も問題なのがプラーク(歯垢)タバコです。

歯石は歯周病を引き起こす原因と考えられがちですが、歯石それ自体は歯周病を引き起こすものではありません。プラーク(歯垢)の格好の住みかとなるため、そのままにしておくと細菌が増殖してしまいます。そのために定期的に歯石は歯科医院で取らなくてはいけません。ただ、歯石の沈着は個人差があるため、頻繁に取らなくてもよい場合もあります。

つまり歯周病の管理は自分自身で行うことが80%残りの20%が歯科医院において行うこと。といってもいいと思います。

歯垢(プラーク)中の細菌

歯の断面図 歯石と歯垢が付着している口腔写真

歯石の付着と歯垢の付着が
顕著に見られます
歯周病を引き起こす細菌は、空気が嫌いです。歯周ポケット(歯肉溝またはポケット)と呼ばれる歯肉の下に隠れて増殖します。まずは、目に見える部分の「プラーク」はブラッシングで除去します。どれだけ目に見える部分のプラークを除去できたかで、ポケット内の細菌の量にも影響します。

ポケットの中の歯石およびプラークはスケーリングルートプレーニングPMTCで除去し、歯の周りおよびポケット内をきれいにします。

歯周病菌はキスで移る(感染する)のでしょうか?

Q&A/question and answer
キスをすると歯周病菌は移るのでしょうか?
私は40代男性です。妻とは10年ほど前に結婚したのですが、当時から妻の口臭が気になっていました。歯医者さんに行くように勧めたのですが、歯医者嫌いの妻は現在に至るまで歯医者に行っていません。
しかし、最近になって歯茎が腫れ痛み出しているようです。最近では口臭もさらにきつくなりドブのような臭いがします。

私も歯医者さんにはここ数年行っていないのですが、歯周病になっているとは思われません。しかし、妻とキスをする事によって歯周病が移るのではないかと不安になるようになってきました。

また、口臭のきつい妻とキスをするのも苦痛になり、あまり夫婦関係も良好とは言えないような状態です。
歯周病の治療をすれば歯周病は移りにくくなるのでしょうか?
歯周病は移ると聞いたのですが、私の夫は重度の歯周病です。私は現在大丈夫なのですが、このまま夫と生活を続けると歯周病になってしまうか心配です。
歯医者さんで治療受け、歯周病が治れば感染しにくくなるのでしょうか。
解説/explanation
歯周病はキスをすることによって移ります。原因は、唾液を介して歯周病菌が感染することによって起こります。

生まれたての赤ちゃんの口の中にはいかなる細菌も存在していません。母親や保護者によって子供の口の中に細菌が感染していきます。例えば、口移し、同じスプーンを使い回すことなどにより感染します。これは、歯周病菌に限らず虫歯菌でもいえることです。

成人になるとキスによって異性から歯周病菌が感染します。 しかし、子供の頃に歯周病が発症することはまれで、歯周病と診断できるレベルになるには、18歳以上の方がほとんどです。

なぜ子供の頃に歯周病は発症しないのでしょうか。 原因になる細菌は、数多く存在し、その中でも特に「P.gingivalis U型」と呼ばれている細菌が最も危険度が高いとされています。子供の頃、保護者から感染するのは危険度の低い歯周病菌がほとんどで、成長に伴い、次第に強い感染力のある歯周病菌が感染するとされています。また、数多くの歯周病菌によりバイオフィルムという集合体を作っていきます。このバイオフィルムが形成されることによって、強い毒素を作り出します。そして歯周組織を破壊していくことになるんです。

もし、配偶者に危険度の高い歯周病菌が感染している場合には、キスによって感染するリスクも高まります。また、一度キスをしたくらいでは簡単には感染しませんが、その接触する頻度が高ければ高いほど感染するリスクは高まります。

【結論】 配偶者には、歯科医によって歯周病の治療を行ってもらい、本人にはプラークコントロールを徹底して実行してもらい、口腔内を清潔に保つことを実践します。また、定期的に歯科医院においてメンテナンス( PMTC )を行うことで歯周病の再発を防ぎます。

そうすれば、配偶者からの感染のリスクは極めて低下します。

歯にかかる力の影響

歯には様々な力が加わります。それらの力がいろいろな条件の中で歯を弱めるように働くと、歯周病になりやすくなります。
歯にかかる力が強くなるようなお口の条件
歯にかかる力の影響
  • 噛み合わせが悪い。
  • 歯ぎしりがある。
  • 残っている歯が少ない。
  • 奥歯ですりつぶすように噛む人。
これらのお口の条件の改善が歯周病の治療につながります。
歯にかかる力の影響
  • 噛み合わせの修正(ぶつからないようにする)。
  • 歯ぎしりの治療(マウスピース)。
  • 合う義歯の製作。
  • 噛み方の修正トレーニング。

スポンサード リンク