歯周病,歯槽膿漏,歯肉炎が治るメカニズム。

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎が治るメカニズムについて解説。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の治癒形式(ちゆけいしき)

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の治療には症状によって様々な治療方法があります。
その予後も治療方法によって異なってくるので、歯周病でお悩みの方・治療を行おうとしている方は本サイトを参考に、あなたにとって適切な治療を考えてみましょう。

歯肉炎

歯周病の中でも最も初期的な症状です。
歯周組織の破壊は軟組織だけに限局していて、歯槽骨の破壊が起こっていませんので、完全に元の健康な状態に戻すことができます。

歯周病・歯槽膿漏の中等度以上

歯肉炎が進行し歯周組織・歯槽骨の破壊(歯の根を支えている骨が溶けている)が起こっている状態です。多量の歯垢や歯石が付着し、歯茎の腫れ・出血・膿が出る事があります。
歯周組織・歯槽骨を健康な状態に戻すことはできても、完全に元の状態に戻すことはもはやできません。
上皮性付着による治癒
スケーリング、ルートプレーニング(SRP)、歯周外科などによる場合の治癒形式は上皮性付着による治癒です。上皮性付着とは歯周治療によって滑沢(すべすべ)になった根面に沿って歯肉上皮がポケット底部まで伸び込んで行きます。根面と上皮による付着ですから、その付着力は弱いものです。自宅でのメインテナンスと歯科医院での定期的なPMTCなどのメインテナンスによって維持されます。
この治癒形式では、症状の改善のみで溶けて後退してしまった歯槽骨を元に戻すことはできません。

治療内容は、「スケーリング・ルートプレーニング」をご覧下さい。
結合性付着(新付着)による治癒
歯周外科をGTR法などエムドゲイン、メンブレンを使用して行った場合の治癒形式。
歯根膜や歯槽骨の再生を即す治療で、以前の正常だった時と同じ状態に戻す事が出来ます。ただ、歯周病・歯槽膿漏の中等度以上のケースで全てに適用できるわけではありませんし、歯根膜・歯槽骨の再生もその破壊された歯周組織全てが完全に回復するのではなくその一部分が再生することがほとんどです。

治療内容は、歯周外科「GTR法:歯周病・歯槽膿漏の新治療法」をご覧下さい。

スポンサード リンク