知覚過敏の原因と症状や治療法。歯ブラシ方法や歯磨き粉の選択は?

歯周病 歯槽膿漏 歯肉炎
プラーク(歯垢)をきちっと除去することで、知覚過敏の症状は改善していきます。歯ブラシの毛先が当たってチックっとした場合でも、怖がらずにブラッシングを続ける事が重要です。

知覚過敏の原因と症状・治療法

知覚過敏の原因とは?

知覚過敏って何
知覚過敏てなーに?
虫歯でもないのに、歯がしみる現象をいいます。特に冷たいものを食べた時にズキッとした痛みが10秒ほど続きます。或いは冷たい風に当たっただけでもしみたりします。
知覚過敏の原因
知覚過敏の根本的原因は? 歯の構造を少し説明したいと思います。歯の表面を覆っているエナメル質には神経が通っていない為、知覚を感じません。一方、エナメルの内側の構造は象牙質という組織で神経が通っています。根っこの部分はエナメル質がなく、歯根膜という薄い組織のすぐ内側に象牙質があります。

露出した象牙質面に大量のプラーク(歯垢)が付着すると、そこから作られた酸が神経を刺激し、知覚過敏を誘発します。

以下の原因で象牙質が露出した場合、知覚過敏症が発症します。
  • 歯ぎしり 詳細は歯ぎしりのページをご覧ください。
  • 歯周病 歯周病が治癒に向かう段階で歯肉が下がる。歯茎が下がるのは何故ですか?をご覧ください。
  • 矯正治療 矯正治療の途中で過度の力が加わった場合には、歯槽骨の吸収と同時に、歯肉の退縮も起こります。
  • 不適切な歯磨き(ブラッシング) 研磨剤が入った歯磨き粉を長期間使用するとエナメル質が摩耗して歯根部の象牙質が露出してしまう場合があります。
歯の構造
歯の模式図
  • 右の歯の模式図で歯肉溝と書かれた場所は、エナメル質に覆われていない歯根に相当するところです。上記の理由で歯肉が下がった場合、象牙質が直接口腔内にむき出し状態となり、知覚過敏が発症しやすい環境となります。
  • エナメル質:歯冠を覆う組織で、神経は、通っていません。
  • 象牙質:歯冠部では、エナメル質に覆われ、歯根部では、セメント質に覆われた組織です。神経が象牙質表面まで入ってきています。

知覚過敏の症状

  • 知覚過敏を誘発する原因 冷たいもの、熱いもの、甘いもの、酸っぱいものなどを飲んだり食べたりした時。
  • 歯ブラシ 歯ブラシの毛先が露出した象牙質に触れた時。
  • 持続時間 露出した象牙質に刺激が加わってから10秒間ほど痛みが連続します。虫歯による痛みの場合にはさらに長時間にわたります。
  • 持続期間 適切な処置がなされれば、数日で知覚過敏は消失することがほとんどですが、3週間〜1ヶ月ほど症状が続くこともあります。

知覚過敏の治療・治す法方

  • 硝酸カリウム 歯科医院では硝酸カリウムの含有された薬を露出象牙質面に塗布します。歯磨き剤の中にも硝酸カリウム含有されたものがあります。この歯磨き剤を使って徹底的にプラークコントロールを行います。カリウムイオンが象牙細管の中に入り込み、外側の刺激をブロックします。と同時に、歯垢が作り出す酸を限りなく少なくします。

    歯ブラシの毛先が当たって痛む場合、ブラッシングを躊躇しがちですが、クラークをしっかり除去しないと知覚過敏の症状はなかなか改善しません。
  • コーティング剤 物理的に露出象牙面をコーティング剤でカバーする。或いは、くさび状欠損になっている場合、コンポジットレジンを詰める。
  • 歯ぎしり 歯ぎしりが連続している場合、夜寝ている時にスプリント(マウスピース)を使用する。
  • 歯周病 歯周病にならないように予防する。或いは歯周病になってしまった場合適切な治療を行う。
  • 神経を取る 上記の治療を行ったにもかかわらず、知覚過敏の症状が一向に改善しない場合には神経を取るという最後の治療を行う場合もあります。

知覚過敏用の歯磨き粉

知覚過敏防止用歯磨き粉

硝酸カリウム含有の歯磨き剤 
シュミテクト
MIペースト

MIペースト
硝酸カリウム含有の歯磨き剤を使用して歯磨きをしますが、長い時では1ヶ月近く改善しない場合もあります。また、MIペーストは食後、酸性に傾いた口腔内を中性に戻す働きがあります。しみる部分をMIペーストでカバーし、約30分間うがいを我慢します。

スポンサード リンク